意外とわかっていない?給湯器の種類と選び方

給湯器と湯沸かし器の違いって?

給湯器、と一口にいっても様々な種類があります。通常「給湯器」というと、機械の中で沸かしたお湯を出すものです。台所に設置されているすぐにお湯が出る器具は瞬間湯沸かし器といわれます。単純に出湯量の違いなのですが、湯沸かし器は給湯器と違って種類はあまりありません。というのは、給湯器には追い焚き付きの給湯器といったものもあるからです。

あなたの家に必要なのはどのタイプ?

浴槽内のお湯を沸かすために必要なのは追い焚き機能付き給湯器、あくまでお湯を出すことのみを目的とするのであれば通常の給湯器で良いでしょう。新築の場合は、ほとんどが複数の機能を備え持った給湯器を設置していることが多いです。中には、追い焚き機能のみならず、暖房機能もついている機械もあります。一台で何役もこなせるというのはとても魅力的です。その上、機能がたくさんついているからといって機械そのものがさほど大きくなるということもありません。給湯器には出湯量の違いで20号や24号といった号数があります。一人暮らしの場合はあまり気にすることはないと思いますが、複数の家族で暮らしている場合は、誰かがお風呂に入っている間に洗い物をしたり、ということがあると一時的にたくさんのお湯が必要になります。その場合は、大きめの号数を選ぶのが良いでしょう。家庭によってどこまでの機能が必要か、また使用量や使用頻度も変わってくるので、色々な種類があるということを視野にいれて検討すると良いでしょう。

給湯器の相模原の専門業者を探すうえで、取付工事のための費用の支払い額の相場や職人の経験に目を向けましょう。