結婚式でわかる?友人との関係がハッキリする理由

友人の結婚が決まったら

友人の結婚が決まっておめでたいムードのはずが、結婚式を切っ掛けに不仲になってしまう人がいます。なぜそのようなことが起きてしまうのでしょうか。今回は、結婚式で起こる友人トラブルについてお話していきます。

無茶なお願いをされる場合

結婚式への招待を受け、友人の為に何かをしてあげたいとお手伝いを願い出るという人も多いでしょう。例えば、二次会の司会や受付などは友人でもこなせることができるものですし、披露宴を行うのであれば余興やスピーチなども手伝うことができます。しかし、中にはあれもこれもとお願いしてくる新婦もいて、こちらができる範囲以上の手伝いを余儀なくされることもあるようです。友人の為ならと頑張ったのに、お礼がないことで長年続いた友情に亀裂が走ることも珍しくありません。

お金を出し惜しみしている感じが伝わった場合

結婚式へ招待された時には、ご祝儀や会費を持って行きます。お祝いの席ですから、お金のことは考えたくないものではあるものの、やっぱり気になります。特に遠方から参加している人に対してお車代を出さないことや、引き出物が明らかに安いとわかるもの、料理の質が悪いなどゲストにとって気分を害してしまうぐらいお金を出し惜しみしている場合には、ケチな人とレッテルを貼られてしまいます。

友人(ゲスト)に配慮がない場合

友人(ゲスト)に対して配慮が欠けていると、以後のお付き合いが難しくなることがあります。結婚式は新郎・新婦が主役の日ではあるものの、ゲストに感謝を伝える日でもあるのです。そこを忘れて相手を配慮しないと、参加した人にとっては不快でしかありません。乳幼児がいる友人には授乳室を用意したり、遠方から来る方にはホテルをとってあげたり、安心して参加できる環境を作ってあげることが大切です。

天神の結婚式場はアクセスがしやすく人が来やすいというメリットがあります。さらに、このエリアは店がとても多いので二次会に便利です。